飛島村服政地区 取付水路護岸工事

今回この現場は「環境に配慮した護岸工事」という事で

中央部の「ヨシ」を残して生物の生息域を残しながら護岸の工事をするというのものでした。

護岸のブロックには魚が住み着ける様にと「ブロック同士の間にわざと隙間が出来る」仕様に

なっておりました。

土木工事と環境保全は切っても切れない関係であり、どちらかを優先するという事では無く、

ビオトープとして生き物の住める水路にして行こうと言う事です。

もう完成した水路には水が入っていました。

川の中では沢山の「銀ブナ(固有種)」がヨシの根本あたりで産卵行動を起こしておりました。

あとは見える範囲で「ミシシッピーアカミミガメ」「コイ」「ブラックバス」なども

生息していました。まぁ外来生物ですけどね。

魚が多いと鳥なども集まって来やすい環境となるのではないでしょうか。

将来的に「遊歩道」を設けると聞いています。

なんにせよ魚が元気よく泳いでいる姿から「元気」をいただきました。

護岸の出来栄えもGOOD!!

«

大栄建設株式会社